新品 取寄品HP L6017tm 17インチ静電容量式タッチモニター A1X77AA ABJhdsrCQt

キー・ワードを選び出す

2. 瞑想するキー・ワードを選び出す

(1)

  • 詩篇を瞑想するとき、その詩篇のキー・ワードを持つということはとても大切だと思います。それが絞り込めずにいると、思いが迷走してしまい、多くの時間をロスしてしまいます。もっとも、このロスも訓練のプロセスなのかもしれませんが・・・。私もこの点でいつも苦労している一人です。瞑想するためのキー・ワードをどこに絞るか、なんどもくりかえし読みます。また他の聖書の訳でも読んでみます。すると、ひとつのことばが浮かび上がってきます。そして、詩篇全体が見えてくるのです。
  • 時間的な理由で、そうしたキー・ワードを見つけることができず、自分の心に響くものだけを見つけ、それを味わうこともできますが、食事でたとえるなら、ファースト・フードの食事をしているわけで、そのような食事の摂り方では、健康な体を作ることは期待できません。堅いものを、ゆっくりと、しかも、しっかりと噛むことの大切さがあらためて叫ばれています。これは神との交わりの生活においても同じことが言えると思います。
  • 瞑想が続けられない理由の一つに、瞑想のキー・ワードを見つけることがなかなかできないことがあげられます。そのために、思いが集中できず、散漫になり、内容も薄っぺらなものとなり、自分の不甲斐なさに自己嫌悪に陥ってしまい、神を思う気力がそがれてしまうのです。時には、そうした、もどかしく、恵まれない日々が続くかもしれませんが、継続は力です。忍耐がいりますが、必ずや、そのコツをつかめる時がきます。
  • キー・ワードを選ぶ秘訣を掴むことができるようになるためには、まず、時間のゆとりを作り出さなくてはなりません。忙しい生活を余儀なくされている人にとって、これは至難のわざです。しかし、今こそ無駄な時間を思い切って削り取り、神との大切な時を作り出すために、あなたのライフスタイルを変える時です。それは、あなたと神との信頼の絆を、驚くほど豊かにしてくれることでしょう。

(2)

  • 詩篇を瞑想するとき、ひとつの詩篇から一つのキー・ワードを選び出すことは、瞑想を散漫から守り、集中する上でお勧めする方法です。
  • 例えば、詩3篇で、私は、「主よ。あなたは私の回りを囲む盾」というみことばから、「盾」というキー・ワードを選ぶとします。盾とはどういう意味か、そこに意識を集中します。そのとき、その日の詩篇だけでなく、聖書全体からこのキー・ワードを検索してみます。どこでどういう状況や設定の中でこの言葉が使われているかにも思いを巡らします。 脚注付きの聖書であれば、そこを引くことができます。「コンコルダンス」を持っているならばそれを活用します。「Jーばいぶる」というパソコン・ソフトであれば、検索機能がついていて、それを利用すると便利です。
  • 同じ盾でも、単なる「武器としての盾」もあれば、「神の盾」もあります。また、「地の盾」というのもあります。「地の盾」とは、この世における神の代理者(例えば、王)による覆いを意味します。また盾にも、普通の盾もあれば、大盾という表現もあることに気づきます。いろいろな表現からそのことばの意味するイメージを膨らませることで、瞑想はより楽しくなってきます。しかしこの方法は、聖書を多少読んで、その内容を知っている人にはお勧めですが、初心者には混乱してしまうかもしれません。
  • また、一つの言葉には、それに類似する様々な表現が詩篇の中にはあふれています。そうした多様な表現をノートしておくことによって、神への祈りや賛美の中で、自分にあった表現を身につけることができるようになります。  
  • キー・ワードは、聖霊様の導きで自由に選ぶことが可能です。しかし、その日の詩篇に特有な、他の詩篇には出てこない特徴的な言葉をキー・ワードとして選び出すことも、瞑想を味わう上での楽しみ方の一つです。似たような内容を記した詩篇でも、その詩篇にしかない、特徴的な表現がきっとあるはずです。そこに注目することです。
  • 日ごとに、詩篇の瞑想の材料となるキー・ワードを自分なりに選び出し、それを自分の中でじっくりと熟成させていくこと。しかも、自分の置かれた状況の中でそのキー・ワードを思い巡らすことが必要です。与えられたキー・ワード(あるいは思想)を、時間をかけて反芻し、熟成させればさせるほど、その味わいはひときわ甘く、おいしくなっていくと信じます。瞑想への旅をしているうちに、そうした楽しみ方を発見することは大きな喜びをもたらすことと信じます。

メニュー

トップ

空知太栄光キリスト教会HP

ミニストリー

サムエル・ミニストリー

ヒナヤーヴ・ミニストリー

ミドゥバール・ミニストリー

聖書

聖書を横に読む

第一電波工業ダイヤモンドアンテナDIAMOND ANTENNA MDC15HX 21MHzMD用カセットエレメント カセットK3luJTF1c5

創世記(26~50章)

出エジプト記

レビ記

民数記

申命記

ヨシュア記

士師記

ルツ記(改訂)

サムエル記

列王記(改訂)

歴代誌

エズラ記

ネヘミヤ記(改)

エステル記

ヨブ記

箴言

伝道者の書

雅歌

イザヤ書(1~39)

イザヤ(40~66章)

エレミヤ書

哀歌

エゼキエル書

ダニエル書

ホセア書

ヨエル書

アモス書

オバデヤ書

ヨナ書

ミカ書

ナホム書

ハバクク書

ゼパニヤ書

ハガイ書

ゼカリヤ書

マラキ書

詩篇の世界

詩篇の神学

詩篇の瞑想 A

詩篇の瞑想 B

詩篇の瞑想 C

原語で味わう詩篇

詩篇瞑想のための手引き

詩篇23篇の瞑想

詩篇119篇の瞑想

都上りの歌(詩篇120~134篇)

詩篇における修辞的表現の瞑想

詩篇アラカルト

詩篇とのかかわり

詩篇の祈りの歌

一滴の雫シリーズ【旧約】

創世記1~3章の原語に基づく瞑想

アブラハムの生涯

神の住まい(幕屋)

「モ―セの幕屋」の瞑想

主の例祭における預言的意味

エズラ記の瞑想

一滴の雫シリーズ【新約】

マタイの福音書1

マタイの福音書2

ルカの福音書

使徒の働き

主との友情を育むヨハネの福音書

ローマ書

エペソ人への手紙

Ⅱコリント書

ガラテヤ書

Ⅰ・Ⅱテサロニケ

Ⅰ・Ⅱペテロ

ヘブル人への手紙

ヤコブの手紙

ヨハネの黙示録

謙遜への招き

主の祈りの瞑想1

主の祈りの瞑想2

アドベント瞑想1

アドベント瞑想2

アドベント瞑想3

アドベント瞑想4

アドベント瞑想5

アドベント瞑想6

ハヌカの瞑想

イエスの最後の一週間

最後の晩餐でのキリストの教え

聖霊の象徴(しるし)についての瞑想

七つのしるしに見るイエスの栄光

主の受難ー24ー

主の受難―24(改)

旧約聖書概論

モーセ五書

歴史書(1)

歴史書(2)

新約聖書の神学

ルカの福音書の神学的考察

ヨハネの黙示録の賛美礼拝

神学

霊性の神学

教会史における「新しい歌」

神学的瞑想「神の善(トーヴ)」

初代教会信仰告白

再臨と終末預言

キリストの花嫁(ブライダル・パラダイム)

「光」についての神学的瞑想

主の食卓(聖餐)の秘儀

「聖餐」の瞑想

パウロのイスラエル論

安息日と再臨

「ヘブル人の中のヘブル人」パウロ

キリストと契約

霊性の回復セミナー

霊性回復セミナー

内なる人の知恵

ヘブル語に親しむ

ヘブル語コラム

ヘブル語のキーワード

ヘブル語デイリー・ブレッド

ヘブル・ミドゥラーシュ例会

へブル語講座アラカルト

BULLET W T HSS AWTb6vIgYf7y

石山の自然

How lovely

音楽

みことば賛美

Coffe Break

LINK

聖書プロジェクト

Original Entertainment Paradise ”おれパラ”2010 LIVE DVDDVDFlTK1Jc

時のしるし

救済史セミナー

御国が来ますように

日本神の教会連盟


Copyright © 2020 Hidenori Meigata All Rights Reserved.
〒073-0175 北海道砂川市空知太西5条7丁目1-24,TEL(教会) 0125-53-3150 / (自宅) 0125-53-2089

powered by 新品 取寄品HP L6017tm 17インチ静電容量式タッチモニター A1X77AA ABJhdsrCQt 5.2
based on 新品 取寄品HP L6017tm 17インチ静電容量式タッチモニター A1X77AA ABJhdsrCQt 1.4.7 License is . QHM